ロールスクリーンはこんな場所におすすめ

窓辺インテリアで日差しをさえぎったり視線をさえぎったりする役割をするアイテムといえば真っ先に頭に浮かぶのがカーテンやブラインドという人は多いことでしょう。確かにレースのカーテンと厚手のカーテンの2種類使いやブラインドを使うことで日差しや視線をコントロールすることが出来るのですが、それらのアイテムとは違う性能によって採光を自由に調節する事が出来るのがロールスクリーンです。カーテンが横に異動することで開けたり閉めたりするのに対し、スクリーンは一枚のスクリーンを巻き上げることで開閉するという作りになっています。ボリュームのあるカーテンとは異なり、開けたときも閉めたときもあまりスペースを必要とせず、操作が簡単に出来るなどたくさんの魅力があります。

スリット窓のような幅の細い窓にもオススメ

現在住宅用の開口部は防犯性を高めるためにも大きな窓は必要最低限にして、採光と通風の確保のための窓はスリット窓などのスリムなデザインになっている住宅が少なくありません。スリット窓はたてに細長い形をしているため、横に開閉するカーテンの設置にはあまり向きません。そんなときに狭い幅の細長い窓にもすっきりと収まるのがロールスクリーンです。窓の幅に合わせて細かく幅をオーダーすることが出来、カーテンと違って上下に巻き上げることで開閉するので、スリット窓に使えば邪魔にならず、スクリーンのメリットを最大限に活かせる窓だといえます。コンパクトなスリット窓に使用するときには、例えば複数の窓にコントラストをつけて正反対の色にしてみるなど、インテリアのスパイス的な使用方法もオススメです。

開閉するのが難しいような場所にも最適

カーテンは横にスライドさせて束ねておくことで開けた状態をキープする仕組みですが、窓と家具などの位置が近い場所にはちょっと使い勝手が悪いこともあります。布のカーテンの持つ独特の存在感やゴージャスな雰囲気をインテリアに活かせることはカーテンの最大の魅力ですが、開け閉めにスペースをとらず、無駄のないすっきりとしたフォルムがメリットのロールスクリーンは開閉するのにスペースを確保できないような小さな窓にも最適です。カーテンをとりつけるにはちょっと不便な高い位置にある小さな窓なども、操作のための紐やバーを長くすることで簡単に開閉が出来ます。また、布の豪華な質感を楽しめる素材で出来た製品などもあり、そうした製品を選べばなんとなく窓辺が安っぽくなってしまう心配もありません。