ロールスクリーンとカーテンの違い

窓から入ってくる日差しを遮る、或いは単純に窓辺の装飾として利用するものとして、ロールスクリーンとカーテンがあります。一般的に普及されているものとしてはカーテンが大部分を占めますが、スクリーンにこだわりのある方もいらっしゃるでしょう。今回はこの二種類における違いを書かせて頂きます。賃貸などではカーテンレールが既についている物件が多く、一般的にカーテン取り付けが主とされています。半面、スクリーンはその取り付けに難がありますが、例えば窓枠の中に取り付ければ、その分コンパクトに設置することが出来、見栄えが非常に良くなります。とは言え、窓枠にピッタリのサイズが既製品として売っているのは稀であり、殆どがオーダー対応となるでしょう。殆ど既製品で賄えるカーテンと違い、手間がかかるのがスクリーンと言えます。

使用する場所はどこなのか、取り付けが出来るのか

カーテンはカーテンレールが取り付けられる場所ならどこでも利用できますが、ロールスクリーンはどうでしょうか。こちらも基本的にはあらゆる場所に取り付けることが出来ますが、カーテンと違い、サイズが固定されているのが弱点です。それというのも、カーテンは横幅が伸縮する為、縦の長ささえ合っていればサイズで失敗することは殆どありませんが、スクリーンは横幅の伸縮が無い為、小売店などで売っている既成のサイズと窓のサイズが合わなければオーダーをしなければなりません。オーダーは勿論値が張る為、品質にもよりますが、カーテンよりは高値であると考えた方が良いでしょう。また、スクリーンの幅を採寸する際もミリ単位でピッタリと窓のサイズに合わせてオーダーしないとサイズが大きくて取り付けられないことや、サイズが小さくて隙間から家の中が見えてしまうということになり兼ねませんので、注意が必要です。

何を目的として利用するのかを考えること

カーテンやロールスクリーンを取り付ける主な理由として、遮光、ブラインド、オシャレなどが挙げられますが、この二つを取り付ける上で遮光とブラインドは等しく効果を得られるので、ここでは理由から省きます。昨今、この2つにはデザイン性のあるものやキャラクターものも販売しており、オシャレなインテリアとしての効果も発揮しています。どちらも一長一短はありますが、よりデザイン性が高いという意味では、一枚布であるスクリーンの方が上でしょう。丸まっているスクリーンを下せば、風景やイラストが飛び込んでくるといった、自室の空間をよりオシャレにすることが出来ます。この点はカーテンに無い強みと言えるでしょう。無難な遮光、ブラインド、インテリアを安価で選ぶならカーテン。違ったこだわりを見せるならスクリーンを選ぶというのがこの二つの違いでしょう。